発掘調査とは 業務案内 会社概要 資料室 リンク集 HOME
GIS  業務案内>GIS
 文化財調査
 土器実測
 測量
 GIS
デジタル情報を一元化することにより、業務の効率化・経費の削減をもたらします。

GIS作業風景

統合型GIS
 遺跡別に調査されたデータを電子化することにより、資料の整理と管理が容易になります。
 データを統合して有効に活用することもできます。
 GISは、21世紀の高度情報化社会において「文化財の情報公開」に必要不可欠で、重要な役割を担っています。

遺跡情報管理システム
 遺跡分布図と付属する文献情報を結び付け、考古学データの保管を円滑に行う事ができます。
 また、膨大な資料も、データベース化することにより、検索が容易になります。

遺跡GIS画面1
遺跡GIS画面2

報告書のデジタル化
 紙ベースのデータを、スキャニングしてデジタル化することによって、遺跡情報の軽量化とGISの運用を可能にします。






株式会社歴史の杜 〒377-0425 群馬県吾妻郡中之条町西中之条723-9
電話:0279-76-3535  FAX:0279-76-3536
メールアドレス info@rekishi-mori.jp
Copyright(C) 2002 rekishinomori.